より一層甘ったるい香りかと想定したのだけど、香りはさほど感じ取れず,シュッとした爽やかな匂いという風に言うのかな?

 

ホントに共に過ごしていてホッとするというふうな居心地のよい気持ちに浸れる匂いでありました。

 

気持ちから言ったら、ムラムラしてしまうと言うよりも、ずっとずっと共に過ごしていたいなぁだったり、甘えたり抱いてほしくなると感じます。

 

昔のリビドーロゼは甘ったるいニオイが激しく、男の淫欲をストレートに煽って誘い出ししてベットに引き込むことを狙った香水だと呼ばれておりましたので(笑)

 

このリビトーロゼと過去のリビドーロゼだと口コミの相違がありましたね。

 

男性のポジションから言ったら、恋人やお嫁さんからフワっとしたいい香りがするというのは単刀直入に心地よく感じました。

 

そういうわけで、ここ最近そっけないとか自らに好奇心が消え失せてしまったというような彼やご主人にもとっても効力はあり得ると思いますよ。

 

何と言っても自身のことを考えて一生懸命やってくれているんだなって考えてみればありがたいですもんね。

 

僕自身の考え方では、意味の無いといった事はないだろうと考えました。

リビドーロゼを使用する際の注意点

 

実際的に使用してみて思っていたんですが、

リビドーロゼは匂いの持続時間はさほど長くはないようです。

 

嘘偽りなく、ベットインして2時間経った頃には、シャンプーした髪のニオイのほうが強くないか?という程。

 

通常の恋人のかぐわしさに戻ってきてるかな?という具合でした。

 

何はともあれ一風呂浴びたりするからかもね~と認識していたわけですが、

 

疲れが残って直々に眠ってしまっても起きた際は、通常の恋人の香りだったので間違いないでしょう(笑)

 

そういうわけで使うのはHの寸前とか、デートでご飯も済んで、さぁどうしようってタイミングに

 

帰宅したくないっていうオーラを表に出して使うのが賢明かも知れないですよ。

 

という訳で、

意味が無い!!」と口外してる人はリビドーロゼを擦り込む時間帯がちょっと早いのかと・・・

 

加えて、肌着が日頃とは異なる等も燃えるポイントとなるところなのでリビドーロゼとの組み合わせ技で使用してみてください!

 

2回戦、いや3回戦も回避不能ですwwww