リビドーロゼというのは、ベッド限定香水らしいので、恋人や旦那さまを持つ人々のために必要な香水と勘違いされがちなんですが、いまだにこういった関係性ではない男性の方々に向けてどういった影響をもたらすのでしょうか。

 

依然として彼がいない方でも、匂いのパワーをかりて意識してもらえたらうれしいですよね^^

 

そういうわけで、彼のいない僕のお友達陣にリビドーロゼをイチオシして、合コンに出向き、何かしら違いが発見できたかを聞いてみることにしました。

 

結論として、すべての人がこれまでの合コンとの違いに気づいてたと聞きました。

 

皆さん好み通りの男性陣が見られなかったってことなので、彼が出来た方はおりませんでしたが、この先に高い希望が持てる結実になったみたいです。

 

リビドーロゼを付けて合コンに行った友達達が気付いた違いを一まとめにしてみました。

 

  • 初めはずっとずっとおとなしくしてた草食系の男の人が、席替えでうちの横にやってきたとたん、いきなり意識的になってドシドシ声を掛けてきた。
  • どうみても共に参加した女の人達の方が可愛らしいし、異彩を放つので脚光を浴びないだろうと想定していたのに、男の人が私の場所に最も出向いてきていた。
  • はっきり言って、我ながらスタイルに自信がもてないので、これまでの合コンで私に疑問を投げつけてくる人はちっともいなかったのに、リビドーロゼを塗り付けることになってから、「彼いますか?」とか、「下には関心ないですか?」とか、あたしに関心を意味した疑問をたくさんいわれるようになって幸せ。
  • 合コンが終了したあと、LINEの交替をしていても、一向にやって来ることは無かったのに、LINEが鳴りやまないほどやって来るようになった。自分じゃないようでした。
  • これまでより、合コンしている最中に男の子たちがガンガン回って来るようになり、下心がお見通しというような感じがして、逆引きしてしまう。
  • 合コン中に「良い匂いだね」と常に言われる。この匂いで男の人たちのスイッチがオンになるのがはっきりと伺えます。

 

 

ベッドだけに限らず、日常利用でも一目を置かれる引き金となるに違いないみたいです。

 

男の方のやる気を起動させるよう、男の人好みの匂いを一生懸命分析されて開発された香水だけのことはあって、お世辞抜きで男からの評判がすごい匂いなのですね。

 

ただ、お友達の中には、関心が無い男の人に懲りずに攻撃されて気持ち悪かったなんて主張も存在していたんです。

 

合コンに行ってみて、ターゲットの男の人がいない状況だと厄介なことになるかもしれないですね。

 

ターゲットの男の人がいることをチェックしてみてから、お手洗いなどでバレない様に吹きかけるなどするとよいかもしれないですね。