ベッド専用に的を絞った香水といったテーマで商品化されたリビドーロゼなんですが、スタンダードな香水と見比べて、匂いの持続時間はどんなものなのであろうか?

 

シンプルなフレグランス香水の匂いの持続時間は、およそ2時間~3時間程度と考えられています。

 

加えて、その2~3時間の期間に

・トップノート

・ミドルノート

・ラストノート

というような匂いの移り変わりがございます。

 

しかしながら、リビドーロゼの匂いの持続時間は”1時間”しかないのです。

 

こういう少々の時間工夫は、ベッド限定香水と位置付けて開発されたリビドーロゼしかできないものと言えます。

 

 

リビドーロゼを取り扱っている”LCラブコスメ”では、男女が就寝する寸前から、エッチがフィニッシュするまでの時間帯を入念にチェックしました。

 

結果として、就寝する寸前から、エッチがフィニッシュするまでの一般的なベッドタイムがおよそ1時間ということが判明したのです。

 

 

それから、香料のコントロールを積み重ねて、SEXタイムの1時間中にトップノート→ラストノートまで移り変わる香水を生み出したんですよ。

 

SEXタイムが一番にアツくなるようにエッチの動きにマッチングして匂いが変質していくようです。

 

 

リビドーロゼは、

 

・ベッドに入って前戯が始まった際にトップノート

・ペニス挿入時にミドルノート

・射精後の後戯がラストノート

 

というような順で急変する香水です。

 

そういった理由から、ベッドで活用する際は、就寝する寸前にぬり込むことが大事だというわけです。

 

普段用で活用する際には、匂いの持続時間が取れないので、アトマイザー等に含んで、ちょくちょく擦り込み直すことが重要となってきます。

 

リビドーロゼの効力を最高度に駆使するために、持続時間の短さを覚え、ベストなシーンですり込むようにしていきましょう。