リビドーロゼという名の商品はどういった意味合いで名前がついた商品なんでしょうか?

 

リビドーロゼの「リビドー」は”ラテン語”であります。

 

フレーズの意味は、「本能」「衝動」「強力な欲求」ということを意味します。

 

そして、「ロゼ」は”フランス語”ではありますが、「バラ」のことを指します。

 

バラというものは、

今の時代「愛」とか「美」のシンボルとして活用される傾向にあるフレーズじゃないでしょうか。

 

すなわち、リビドーロゼは愛情に対しての強烈な衝動を本能より引き起こして行動させるといった意味を持っている香水だと言えます。

 

ベッド限定香水ということで、だいぶ歯に衣着せないネーミングをつけているのですね。

リビドーロゼはどうやって誕生したのか?

リビドーロゼは、LCラブコスメという名の販売会社で売られています。

 

LCラブコスメで違った製品を新開発することを目論んだ調査をしていたところ、

男性の方々が好意を持っていて官能的な感覚になる匂いが女性の方々の風呂上がりの匂いであるということが判明しました。

 

「こいつの匂いを上手いこと駆使すれば、男のハートを操作する香水が作れるんじゃないか?」

という所から、男のハートを引っ張ってくるベッド専用香水リビドーロゼが作られました。

 

リビドーロゼは、男の本能より男性ホルモンに刺激をもたらして、性衝動を起こさせる為に、80品種もの匂いをブレンドして作ってあります。

 

ベッドに入る度に、毎日この匂いをつけていますと、彼氏の本能により100パーセント頭にインプットされますので、SEXの際に彼氏の性衝動のスイッチがONになりやすくなっていくというわけです。

 

自らがエッチしたいなあと考えた際に、男も同じく強力な性衝動を抱いてもらった方が理想的ですよね。

 

 

互いの意欲が交ざったSEXほど卓越したものはございません。

 

そういったニーズを匂いで叶えてくれたのがリビドーロゼという名の香水なのですよ。